年: 2017年

「燕の空家リノベーション」工事がスタートしました

「燕の空家リノベーション」いよいよ工事がスタートしました。まずは畳を剥がした2階の部屋に床を貼っていきます。

今回は畳の厚さ分、下地材で床上げして床仕上げを行います。大工さんは調整材を入れて床下地を平らに調整していくのですが、既存の床がフラットでないため、なかなか難航しているようです。

新築と違ってリノベーション工事は、既存の状況に合わせながら作っていく必要があります。壁や床が斜めだったり、壁が直角に交わっていなかったり。やはりそれなりに腕のある職人さんでないと対処出来ないというのが悩ましい所です。

床下地調整
床下地調整
床下地調整

「与板の平屋」外壁下地工事完了

「与板の平屋」外壁下地工事が完了しました。木造には、柱と梁で構成された軸組み工法と呼ばれるものと、合板パネルを建て込んで建てる2×4(ツーバイフォー)工法と呼ばれるものがあります。今回の建物は、柱梁で組んだ骨組みに合板パネルを張り込んで建てる、ちょうど中間のような工法を採用しています。建物の施工性や精度に優れた軸組み工法と、地震時の揺れに粘り強い2×4工法の両者の良い点を取り入れた混成工法。

近年、建築界における建材や工法の開発は目覚ましく、さまざまな新しい建材・工法が次々登場しています。設計者として、時代に遅れを取らないよう、その性能や費用耐効果、施工性など日々、情報収集に努める必要があります。良い工法は積極的に取り入れ、かつ、昔ながらの技術も有効に活かし、更に良い建築を目指していきたいと思っています。

外壁下地張り
外壁下地張り
外壁下地張り
屋根垂木

「燕の空家リノベーション」まず最初にやることは。。。

「燕の空家リノベーション」リノベーション工事のまず最初にやることといえば。片付け!になります。何と言っても、要らないものを処分し、掃除をすることからスタートします。

襖や畳、棚板など、要らないものを取り外し、処分していくのですが、ここはやはりマンパワーです。解体業者にお願いすれば、解体処分は簡単にやって貰えるのですが、その分、費用が掛かってしまいます。予算を抑えることを考えると、職人さんにお願いしなければ難しい工事はプロの職人さんにお願いし、それ以外の素人でもできるような工事は自分たちでやる、つまり、DIYで行うということが基本になります。

特に解体した廃材処分などは、市の粗大ゴミ処分に申し込めば簡単にゴミ回収してもらえますし、しかも費用を安く抑えられます。ということで工事前に、クライアント自ら大掃除大会をしてもらいました。畳や襖だけでなく、キッチンカウンターも勢いに乗って処分してしまったようです。すっかり物が無くなった空間は、それだけでがらーーーんとして、以前よりも明るく、とても広くなった様に感じます。

工事前に大工さんは床下に潜って、土台や床下地を現況を確認していきます。思っていたよりも床下の状況は良く、あまり手を加えないで済みそうです。掃除も調査も終了し、いよいよ工事がスタートします。

リノベーション大掃除
リノベーション大掃除
リノベーション大掃除

「ベーシックハウス」外壁下地工事進行中

「ベーシックハウス」建て方から2週間が経った現場では、床下断熱工事や外壁下地工事が行われていました。ここ数日続いた大雨の影響で工程がやや遅れているようです。が、何とか遅れを取り戻そうと工事は急ピッチで進んでいます。

外壁に取り付けるサッシの下地材や間仕切り壁下地材の取付け工事が進み、少しづつ建物の空間構成が見えるようになってきました。今まで外であった場所に、屋根ができ、外壁ができ、次第に囲われていくことで、室内空間というものが建ち現れてくる、という当たり前の事に今更ながら気づかされます。

囲われることで、ただの外であった時には気がつかなかった様々な事象が、顕在化してくるということがあります。今回の敷地で言えば、窓の外に見える緑の樹々や風の通り道、鳥の鳴き声や風の音など。今まで見えなかったものが見えてくる、建築というのは、情報を選択し、顕在化する、そんな機能を持っています。

外壁下地工事
外壁下地工事
外壁下地工事
外壁下地工事

「与板の平屋」上棟しました

「与板の平屋」朝から始まった建て方作業。夕方には、屋根下地貼り工事まで完了しました。

以前にも書いたと思うのですが、柱梁が組み上がった時点で、プロポーションやバランスの良くない建物は、それ以降いくら仕上げをがんばっても、美しい(または心地よい)空間とすることが難しいと感じています。柱梁が建ち上がったその時点で、心地よい空間であるか否かは、既に決まっているという風に。

骨組みというプリミティブ(基本的・原始的)な要素が、決定的に室内空間の質を決めてしまう。それだけに私は、骨組みのプロポーションやバランスに、いつも細心の注意をしながら設計を進めています。

木造建て方
木造建て方
木造建て方
木造建て方

「与板の平屋」建て方作業

「与板の平屋」ここの所、新潟県内でも集中豪雨があったりと、天気が優れない日が続いていました。予定していた建て方作業日は、雨の影響で遅れていました。梅雨の時期に建て方を行うのは、本当にタイミングが難しく、思うようにはいきません。晴れの合間を縫って本日、建て方作業が行われました。

基礎の上に敷き込んだ土台の上に、クレーンを使って、柱を立て、その更に上に梁、垂木を組み上げていきます。柱・梁接合部は既に彫り込み加工がしてあるので、順序よく組み上げていけば良いはずなのですが、そう簡単にはいきません。柱に傾きや梁に捩れがあると、接合部が上手く嵌まっていかないのです。そこで大工さんは、水平器を使って柱や梁を計測し、まっすぐになるよう何度も補正しながら、組み上げていきます。こちらをきつく締めすぎると、あちらが緩んでしまったりするため、全体のバランスも見ながら、正確に組み上げていく必要があります。

昼すぎには、梁が全て組み上がりました。午後には屋根垂木を組み、夕方までには屋根の下地板まで張ってしまいたい所です。まずは一服。昼休憩を挟んで、午後も気が抜けません。

木造建て方作業
木造建て方作業
木造建て方作業
木造建て方作業

「ベーシックハウス」建て方作業

「ベーシックハウス」いよいよ建て方が始まりました。「建て方」とは、工場で予め加工を施した柱梁を現場に搬入し、クレーンを使って組み上げていく作業のことを言います。今まで基礎しか無かった場所に突如、建物の骨組みが現れていく瞬間は、いつ見ても感動的です。柱の上をひょひょいと身軽に動き回る大工さんは、とても格好良く、その動きに見とれてしまいます。

炎天下の元、朝から始まった建て方作業。夕方には屋根の下地組みまで完了しました。何事も無く、スムーズに終わるというのは一見、普通のことのように思えます。が、施工者、設計者とも、建て方の日は、何か問題が起きないかと、はらはら、どきどきしています。事前に組み方を検討し、見落としがないか、何度も頭の中でシュミレーションしてはいますが、絶対に現場で問題が起きないとは言い切れません。材料が足りない、金物が入らない、梁組みが上手く嵌まらない、突然の天候の変化、などなど。当日になって何が起こるか分かりません。

無事に建て方作業が終わると、設計している私も、当然現場監督も、ほっとした気持ちになります。何も無いことが、良い事。今回の建て方も問題なく、何とか無事に終える事が出来ました。暑い中の作業、本当におつかれさまでした!

ベーシックハウス建て方
ベーシックハウス建て方
ベーシックハウス建て方
ベーシックハウス建て方

「寺尾西の家」長いスパンで考えること

たまたま近くを通りかかったので「寺尾西の家」にちょっと寄り道。こちらの住宅、2009年竣工ですので、改めて考えると竣工から7年半の時が過ぎているんですね。建築のプロジェクトは、始まってから終わるまで、短くとも1年、長ければ数年という時間がかかるので、一つのプロジェクトに集中していると、あっという間に時が経ってしまいます。ついちょっと前に竣工したんだよな、と思っていると、既に数年経っていたり。時間感覚が無くなってしまいます。

こちらの建物の庭に植えたモミジの樹は、竣工当初は1mくらいの苗木でした。それが今ではみっしりと葉をつけ、立派な樹木へと成長していました。当時、茶色だった木塀は、濃い茶色へと色を変え、とても落ち着いた雰囲気となっています。

ダークグリーンのガルバリウム外壁、濃い茶の木塀、緑に茂った木々。色のトーンがしっくりと馴染んでいるように見えます。自然素材は、時とともに色を変えていきます。それに緑の樹々も。竣工時点での色の取り合いを考えるのはもちろんですが、時を経た時の色の取り合いも考慮する。そんな長いスパンでの視点を持ちながら考えることも大事だと改めて考えました。

竣工後7年半
竣工後7年半
竣工後7年半

「ベーシックハウス」建て方直前

「ベーシックハウス」基礎コンクリートの打設が終わり、後は柱梁材が届くのを待つだけです。こちらのベーシックハウス、コストを抑えるために平面が正方形をしています。基礎の形状が田の字型をしているのが分かるかと思います。

捨てる無駄な材料を減らし、職人さんの加工手間を減らすこと。それだけでも大分、建設コストが下がります。平面が不整形であったり、割り付け寸法が不均一だと、床面積が同じでも建設費用は割高になります。無駄を無くし、決められたコストの中で出来る限り大きな空間容積を確保すること。それがベーシックハウスの一つの目標です。

基礎工事完了
基礎工事完了
基礎工事完了

「与板の平屋」コンクリート受入れ検査

「与板の平屋」いよいよ基礎コンクリート打設です。鉄筋を組み込んだ型枠の中へコンクリートを流し込んでいきます。

モルタルと水、砂利、砂を混ぜ合わせたジェル状のどろどろのコンクリートを生(なま)コンクリートと呼びます。生というだけあって、その日の気温や湿度によって、混ぜ合わせる調合比を調整して工場から出荷されてきます。つまり毎回、一定の混ざり具合で生コンクリートが出荷されてくる訳ではなく、その時々の状況によって、品質にばらつきがある訳です。

コンクリート車で現場まで運ばれた生コンクリートは、現場受け入れ検査を行い、指定した品質を満たしているかどうかを、確認する必要があります。写真では、スランプ値(柔らかさ)、空気量、塩化物含有量などの計測を行っています。水を多めに加えれば、柔らかくてコンクリの打ち込みがし易いのですが、その分、コンクリート強度が下がってしまいます。受け入れ検査は無事にクリア。今回はややスランプ値が小さく、コンクリが硬め。その分、しっかりとした強度のコンクリートとなります。

コンクリート受入れ試験
基礎コンクリート打ち1
基礎コンクリート打ち03

「与板の平屋」基礎配筋検査

「与板の平屋」の基礎配筋検査に行ってきました。設計図で指定した通りの仕様で鉄筋が組まれているかを設計者自ら確認していきます。

コンクリートは圧縮に抵抗し、鉄筋は引っ張りに抵抗することで、鉄筋コンクリートはバランス良く強度を発揮することができるようになります。圧縮・引っ張りの掛かる場所をイメージしながら、鉄筋の配筋状態を確認していきます。また、継ぎ手部分や折り曲げ加工部分も、しっかりと設計仕様通りに組まれているか、など入念にチェックを行います。

一部是正箇所があったものの、職人さんが直ぐに修正加工を行い、全てクリア。後は、コンクリートを打つだけとなりました。

基礎配筋検査
基礎配筋検査

大高正人設計「坂出人工土地」を訪れて

「坂出人工土地」と読んで、いったい何のことなんだ?と、お思いになったかもしれません。そう今回は、建物だけではなく、土地自体から設計したという例を紹介します。場所は、香川県坂出市。駅前商店街の一角に、この人工土地はあります。

そもそも人工土地というのは何かというと、50m×150mの1街区を丸ごと地面から持ち上げ、人工的に作り出した土地(地面)のことです。高さ6mほど持ち上げられた人工土地の下には、柱の区画に嵌るように商店街が入っています。電車の高架の下に入ったお店の並びをイメージすると分かりやすいかもしれません。持ち上げられた人工土地の上には、中層の市営団地がランダムに建っています。

表通りから見ている限りは、なんの変哲もない建物に見えます。しかし、階段を上り、人工土地の上に出ると、驚きの風景が現れます。階段を上ったのに、また地面がある。。。持ち上げられた人工土地の上では、自動車が走り、地面から樹々が生い茂り、自転車に乗る人が目に入ってきます。先ほどまで家々が立ち並ぶ駅前商店街にいたのに、階段を上った途端、ゆったりとした郊外団地の風景が目の前に広がります。近年であれば、人工的に持ち上げた地盤は多々見る事はあるのですが、それはあくまで地盤であって、土地ではありません。「坂出人工土地」は地盤ではなく、土地となっています。個々の玄関の前には、自転車や自動車が置かれ、緑の樹々が育ち、地面の舗装も程よく色褪せ、時を経てまさに人々の生活が根付いた土地となっていました。

人工土地のレベルは均一ではなく、場所ごとに高くなったり、低くなったり階段状になっています。さらに各住棟がランダムに配置されているため、住棟間にはとても複雑な空地が生まれています。人工土地の上を歩いていると、上がったり下がったり、ぐるっと回って元の場所に戻ったり、迷路状の回遊動線となっていて、ぐるぐると歩き回ると、とても面白い空間体験ができます。

坂出人工土地(市営京町団地)
住所:香川県坂出市京町
竣工:1968年
設計:大高正人
※住民の方がお住まいですので、見学の際にはプライバシー等に充分配慮ください。

坂出人工土地
坂出人工土地
坂出人工土地
坂出人工土地
坂出人工土地