カテゴリー: 内装

冷たく感じる仕上げ材・温かく感じる仕上げ材

コンクリと木

写真の「コンクリート」と「木」。触ってみた時、どちらの方の温度が低いでしょうか?

イメージでコンクリートの方が冷たいと答えてしまいそうですが、実際に温度を計ってみると、どちらも同じ温度です。(どちらの材も室内温度と同じ温度になります)

ただ、手で触れてみた時には、コンクリートの方が明らかに冷たく感じます。同じ温度なのに、冷たく感じるのは、どうしてなのか。それは、仕上げ材の3つの性質で決まっています。

・仕上げ材の熱の伝えやすさ(熱伝導率)
・仕上げ材の蓄える熱量
・仕上げ材の表面仕上げ

仕上げ材の熱の伝えやすさについて

熱は温度の高い方から低い方へ流れる性質があります。人の体温はおよそ36℃なので、温度20℃の物質を触ったときには、触った物へと人の体温が移動していきます。物を触った時に、熱がより多く、かつ、素早く移動していく(熱が奪われる)ほど、より冷たいと感じます。

一つ一つの物質には「熱伝導率」と呼ばれる熱の伝えやすさを示す数値があり、その数値が高いほど、熱が移動しやすく、物を冷たく感じます。たとえば、鉄、コンクリート、木材で比べると、熱伝導率の大きい鉄が一番冷たく、鉄→コンクリート→木材の順に冷たさを感じることになります。

参考までに建物で使われる仕上げ材の熱容量の数値を以下に示します。上から順に数字の大きなものほど、同じ温度でも触ったときに冷たく感じます。

アルミニウム 200W/mK
鉄(鋼材) 53W/mK
ステンレス 15W/mK
コンクリート 1.6W/mK
タイル 1.3W/mK
木材 0.12~0.19W/mK
たたみ 0.11W/mK
しっくい 0.7W/mK

上記の数字から、鉄は、コンクリートは33倍、木材の350倍、熱を伝えやすいということが分かります。また一般的には、重いければ重いほど、つまり比重が高い物ほど、冷たさを感じます。

仕上げ材の蓄える熱量について

一つ一つの物質は、熱を蓄えられる量=「蓄熱量」が決まっています。蓄えられる熱容量が大きい材料ほど、熱の移動量が多く、冷たさを感じます。蓄熱量は重さに比例するので、熱の伝わりやすさと同様、重い物質ほど、冷たさを感じることになります。

同じフローリング仕上げをする場合、そのフローリングをコンクリートの上に直接貼るのと、合板などの木材下地の上に貼るのとでは、蓄熱量の大きいコンクリートに貼った方が冷たさを感じます。

熱は仕上げ材を通して下地材へまで伝わっていくため、下地材の蓄熱量に左右されます。ですので、表面の仕上げ材だけでなく、下地材にも注意を払うことが大切です。

仕上げ材の表面仕上げについて

栗床フローリング

仕上げ材の表面がつるっとしているか、ざらっとしているかによっても、冷たさを感じる度合いは異なります。

つるりとした平滑な仕上げほど、肌の密着度が高く、熱が流れやすくなります。表面がでこぼこ、ザラザラしている、例えば、しっくい壁や畳床、無垢材などは冷たさを感じにくい材です。

また同じフローリング材でも、表面の塗装状態によって、感じる冷たさが変わってきます。表面をウレタン塗装などで平滑に仕上げたものは冷たく、表面に被膜をつくらない自然オイル塗料などで仕上げたものは、暖かく感じます。

床仕上げ材の選び方

床仕上げ材

常に足裏が触れている床材。日本人は特に足裏の感覚が鋭いようです。その空間の雰囲気を決める要素として、肌に触れる床材の質感は大きな影響を及ぼしています。少し冷たさのある床材、温かみを感じる床材、適材適所で使い分けることで、空間の雰囲気が変わってきます。

参考までに、床フローリングに使われる樹種ごとの熱伝導率を以下に示します。一言でフローリングといっても、樹種が異なれば、感じる冷たさが異なります。上記の書いたように熱伝導率の大きい(数字の大きい)樹種ほど、冷たさを感じます。

樹種 熱伝導率W/mK
杉 0.087
松(パイン) 0.09
ヒノキ 0.095
栗 0.126

私の事務所では、部屋をどのように使うかに合わせて、床材を選ぶようにしています。

ごろごろと床に寝転んで寛ぐような場所には、熱伝導率の小さい温かみのある柔らかな杉の床材や畳、カーペットが適しているでしょうし、ワークスペースなどのちょっと気を張っていなければならない場所には、熱伝導率の大きいタイル貼やモルタル床、少し硬めのフローリング材などを選びます。

見た目だけではなく、その材を触った時の質感(冷たさ・あたたかさ)も考慮し、仕上げ材を決めていくのがポイントです。

 

無垢フローリングの経年変化

今回は無垢材フローリングの経年変化について書いてみようと思います。以前は、無垢フローリングは反りがでる、収縮で隙間はできてしまう、などの問題が出ることがありましたが、近年は乾燥技術や加工技術の発展により、無垢フローリングだからといって必ず問題が起こるようなことは無くなりました。(とはいえ、施工方法を間違えれば、問題が起こる可能性が無いとは言えませんので、細心の注意が必要ではありますが。)

そのような背景もあり、私の事務所でも無垢フローリングを採用する機会が増えてきました。床材を選ぶ際には、実際の床材サンプルを取り寄せてみて出来上がる空間をイメージをするのですが、その床材サンプルはまだ新しい材料で経年変化したものではありません。できあがった当初だけでなく、数年後、数十年後にどのような表情へとフローリングが変化していくのかを想像しつつ、床材を選択することが大切だと思います。

  1. 無垢フローリングの色味の変化
  2. 色の濃くなる樹種・薄くなる樹種
  3. 傷あとも味になる
  4. 色の変化はなぜ起こるのか

無垢フローリングの色味の変化

床を貼ってから11年が経過した栗フローリングの上に、新しく取り寄せた栗フローリングのサンプルを置いた写真です。当初、柔らかな肌色だった栗材は、飴色がかった深い濃茶色となり、ぱっと見ただけでは同じ樹種とは思えないほど色味が変化しています。

床材に着色したのではないかと思われるかもしれませんが、フローリングを貼った後11年間、たまに雑巾で拭き掃除をする程度で、オイル拭きも何も一切行わないノーメンテナンス状態で、ここまで色味が変化しました。色の変化は無垢材の一番の魅力です。日々の変化は小さく、住んでいる方にとっては気がつかない程度でしょうが、年月を重ねて比べてみれば、大きく色が変化しているのです。

色の濃くなる樹種・薄くなる樹種

経年変化で全ての樹種が濃い色になる訳ではありません。ヒノキ、栗、杉、パイン、オークなどの比較的色目の薄い木は、年を経るごとに濃い色目なる傾向があり、ウォルナット、花梨、アカシア、ローズウッドなど、もともと色が濃い目の木は、色が薄く(浅く)なる傾向があります。また木目が際立つ樹種もあれば、時間とともに木目が目立たなくなる樹種もあります。

上の写真のように、杉(スギ)材で特によく見られる傾向ですが、丸太周辺の樹皮部分(白太/しらた)の淡い色目の部分と丸太中心付近(赤身/あかみ)で色目の濃い部分との色の差は、時間の経過とともに、淡い部分と濃い部分の色の差は減り、全体的に色が均一になっていきます。

傷あとも味になる

床は使っているうちに、モノを落としたり、椅子の脚で擦れたり、と傷あとがついてしまいます。杉やヒノキ、パインなどの柔らかい樹種は特に傷がつきやすい材です。

せっかく無垢材を床に使うのであれば、傷をマイナス点と考えるのではなく、深みや味わいと捉え、プラスと考えた方がよいでしょう。(最近ではわざわざ最初からスクラッチ傷をつけたアンティーク床材も登場しているほどですので)写真は竣工から11年後のヒノキ床材です。みずみずしかった淡い肌色は、飴色へと変化しています。ところどころ、ひっかき傷や穴がついていますが、その傷があるからこそ、この独特の風合いが出せているといっても過言ではありません。

色の変化はなぜ起こるのか

陽の光が当たる場所ほど、木の色味が早く変化していきます。昔から「木が日に焼ける」といいますが、紫外線が木の成分を変化させることが大きな要因のようです。

ただし、色目の変化は木の表面付近だけに留まるので、表面を削れば元の木肌の色が戻ります。空間の雰囲気を一新したいなら、床面にサウンディング処理(やすり掛け処理)を行えば、床を貼った直後のみずみずしい床色に戻すこともできます。

年を重ねるごとに色味を変化させていくのは、無垢材の大きな特徴です。床材は短期で貼り変えるものはありません。一度貼ったら何年も使っていくものです。使っていくうちに変化し、味わい深くなっていくのは、モノを長く使っていく際の愉しみとなるでしょう。

桧仕上げの在来工法浴室

「そりっどハウス」の浴室は、ユニットバスでなく、在来工法を採用しています。在来工法というのは、ユニットなどの既製パーツを使わず、高基礎や土間床を利用することで桶状のコンクリート防水床を作って、浴室を作る工法のことです。(在来というだけあって、ユニットバスが登場する以前からあった工法です)

浴室在来工法は、工場で製作されたパーツを現場でぱたぱたと組み立てるユニットバスと違い、基礎・左官・防水・設備・大工・電気工事と工事職種が多岐に渡り、手間と時間がかかります。しかし、様々な仕上げを採用でき、どんな間取りでも対応が可能、という利点もあります。(以前は在来工法だと床が冷えるというデメリットもありましたが、現在では断熱技術が上がり、高断熱仕様でも対応が可能になっています。)

また、その中間を良いとこどりしたハーフユニットバスという選択肢もあります。浴槽などの下半分はユニットバス、上半分は在来工法というものです。下部がユニット化されているので防水上の施工処理が簡易にできるのがポイントです。上部の在来工法部分は、仕上げが自由に選択できるのが、この工法を選択する利点です。

コストと性能を重視するのであれば、ユニットバス派。仕上げ材と自由な間取りを重視するのであれば、在来工法派。両方の良いとこ取りをしたいのであれば、ハーフユニット派。と、私の事務所では、同じくらいの比率で3派に分かれます。

下の写真は、在来工法浴室です。壁と天井は、桧(ヒノキ)板仕上げ、床は鉄平石風の黒いタイル張り、中庭に面した側には大きな窓を設けています。和風旅館のような、ちょっと懐かしい上品な雰囲気に仕上げてみました。このような雰囲気はユニットバスには出せません。夕方の光が浴室に射し込み、樹々の影を壁に落としています。浴槽に浸かれば、窓の外には緑の樹々と青い空。開放的なバスタイムを愉しむことができます。明るい時間から浴槽に浸かって、音楽でも聴きながら、のんびり過ごす。そんなシーンが浮かんでくるようです。

在来工法浴室

漆喰塗装の壁仕上げ

「上越高田の平屋」の壁仕上げには、漆喰塗料塗りを採用しています。漆喰壁というと、以前は、下地を何度も塗り重ね、左官屋さんがコテで丁寧に何度も押えて仕上げていましたが、最近ではローラーで薄塗りができる製品も普及してきました。塗装工事として、ローラー塗りができるため、左官であれば何日も掛けて、仕上げていた作業が数日で完了するので、時間、コスト、ともに節約できる点で、手軽に取り入れられるようになりました。(といっても、クロス張りよりは割高では、ありますが)

漆喰仕上げの特徴は、その艶消しのざらっとした肌理の細かい表面の仕上がりです。窓から差し込んだ光を壁が柔らかく受け止め、落ち着いた雰囲気の室内空間を作り出してくれます。

また漆喰素材は、調湿性能があるため、湿気の多い季節には壁が湿気を吸い、乾燥する季節には湿気を与えてくれます。空気中の湿度を補助的にコントロールをしてくれるため、室内環境が安定します。同じく吸湿性能を持つ仕上げ材に珪藻土という素材がありますが、こちらは固めるのに接着バインダーを混ぜ込む必要があるため、製品によっては、自然由来のものでないモノが混ざっている場合もあります。といっても、漆喰塗料も同様に、バインダーを混ぜている製品がありますので、成分表などを確認してみることをお勧めします。(天然由来にはこだわらないよ、という方であれば問題ないのですが。)

漆喰塗装仕上げ
漆喰塗装仕上げ
漆喰塗装仕上げ

標準化住宅プロジェクト「ベーシックハウス」シナ合板仕上げ

標準化住宅「ベーシックハウス」の内装仕上げには、コストを抑えるため、個室などの一部の部屋で、天井、壁、床仕上げをシナ合板貼り仕上げとしています。

シナ合板の表面は、薄くピンクがかっていて、木の節が少なく、木目の表情が柔らかいので、シナ合板で仕上げると、独特の柔らかな雰囲気の空間が出来上がります。木目の雰囲気が控えめなので、木の温かみを残しつつも、シンプルでモダンな空間にしたいという場合に、シナ合板張りはおススメです。(杉や松などの材を貼ると、どうしても節目が多く、ウッディーな感じになります。その木もく感が好きという方であればよいのですが。)ローコストだから選択するのではなく、シナ仕上げの雰囲気を気に入って敢えて選択する、という方も最近は増えてきています。

ただ、目地を揃えてきれいに張ろうとすると、それなりに施工精度が要求されるため、仕上がり程度は、大工さんの腕次第、といった事もありますので注意が必要です。

シナ合板仕上げ
シナ合板仕上げ
シナ合板仕上げ

「千葉花園町の平屋」内装仕上げ打合せ

「千葉花園町の平屋」大工工事が終わりに近づいてきました。大工工事に続いて、現場は内装仕上げ工事へと入っていきます。という訳で、内装工事に入る前の現場打ち合わせ。

設計図面である程度の仕上材は決めているのですが、仕上げの色やテクスチャーなどは、実際に現地に立って、光の入り方や空間の雰囲気を見ながら最終決定していきます。頭の中で想像していたよりも、その空間が明るければ、少し落ち着いた色に、思っていたよりも暗ければ、少し明る目の色に。料理で言えば、味を整えるために最後にちょっと調味料を加えるように。料理が季節や食材の状態によって味が分かるように、空間も成立するその場所によって雰囲気が変わるのではないかと思っています。この調整をやるとやらないでは、でき上がってくる空間の質が決定的に変わってくるような気がします。

今回の空間は、明暗コントラストが強めの空間となっていましたので、明暗を均すためと南側から入った光を奥の部屋へと導くため、比較的明るめの色を選択しました。また、柔らかく室内に光を廻すため、テクスチャーはざらっとした質感で。

内装工事
内装工事
内装工事
家具打合せ

「与板の平屋」壁ホタテ漆喰(しっくい)塗装仕上げ

「与板の平屋」壁の塗装工事が進行中です。今回、壁仕上げに採用したのは「ホタテ漆喰(しっくい)塗装」です。

魚屋で見る、あのホタテ?。そう、その通り、そのホタテです。ただし身の方ではありません。使っているのは、貝殻の方です。身を食用として取った後、ホタテの貝の部分は破棄されています。その捨てられていた貝殻を焼成して作られた塗料なのです。

ホタテの貝殻から作られたとはいえ、本当の漆喰(しっくい)と同じ成分、水酸化カルシウム(消石灰)で出来ています。漆喰と同じ成分ですので、消臭性、調湿性などの機能を持ち、室内環境を安定させてくれます。またローラー塗りで仕上げが出来る事から、左官仕上げに比べて施工費用を大幅に抑えることが可能です。

壁が白く塗られ、室内が大分明るくなりました。養生が取れるのが楽しみです。

ホタテ漆喰塗装0
ホタテ漆喰塗装0
ホタテ漆喰塗装0

「ベーシックハウス」ほたて貝殻から作られたしっくい塗料

「ベーシックハウス」内装壁の塗装工事が完了しました。今回、壁塗装に採用したのは、ほたての貝殻から作られたしっくい塗装です。ほたての貝殻を焼成して作られた塗料で、漆喰壁と同様、調湿性、消臭性など機能があります。原料が天然素材ですので、シックハウスの恐れもありませんし、塗装を行った後の嫌な匂いもありません。

高機能ということも魅力ですが、こちらのほたて貝殻のしっくい塗装、仕上がりの表情がざらっとしていて、壁に当たる光が優しく感じられるということも大きな選択要因でした。床に貼った杉の無垢フローリングの素材感との相乗効果で、とても柔らかな空間が実現しています。

壁のほたて貝殻しっくい塗装、床の無垢フローリング、天井の合板貼りなどの自然素材を始めとする吸湿性のある仕上げ材で仕上げると内装仕上げ材が、湿気の多い時は湿気を吸ったり、乾燥しているときには空気中に湿気を放散したりと、室内環境を安定させてくれます。自然素材は、メンテナンスや使い勝手の面では、工業製品に劣るかもしれませんが、それ以上の多くのメリットを与えてくれます。

ホタテしっくい壁塗装
ホタテしっくい壁塗装

「ベーシックハウス」合板貼り仕上げを採用する理由

「ベーシックハウス」内装工事が進行中です。ベーシックハウスでは、リビングなどの主要な部屋の仕上げには、無垢フローリングや漆喰塗装などの自然素材を採用していますが、建物全てを同様の仕上げとすると、建設費用もそれだけアップしてしまいます。そこで、個室や納戸などの諸室の仕上げには、合板貼りを採用しローコストを実現しています。

合板貼りを選択しているのは、ただ安いという理由だけではありません。建設コストを下げようと思えば、ビニールクロスを採用するのが最も安いのですが、ただあのつるっとしたチープな質感がどうも個人的に馴染めず、また、石油製品特有の化学臭が気になってしまうのです。

合板といえども、表面に貼ってあるのは正真正銘、木材です。柔らかな表情のシナ合板であったり、ひょっとハードな表情のラーチ合板であったり、手触りのよいラワン合板であったり、湿気の吸収率の高い桐合板であったりと、その部屋の雰囲気や用途に合わせて、部屋ごとに合板の種類を変えています。

合板貼りといえども、選び方次第、貼り方次第、納まり次第で、合板貼りと馬鹿に出来ないほど、端正な空間を作ることができます。木の優しい表情が、落ち着いた雰囲気を作り出すのではないでしょうか。

シナ合板仕上げ
桐合板仕上げ
シナ合板仕上げ
シナ合板仕上げ

「燕の空家リノベーション」仕上げをしないという選択

「燕の空家リノベーション」昨日に続いて、2階の床貼り工事が進んでいます。今回、床に貼る材料として選んだのは、ラワン合板です。えっ!それって下地によく使われるベニアじゃないの?と思われた方、そう、その通りです。仕上げというよりも、むしろ仕上げをしないという選択をしています。

ラワン合板を選んだのは工事費を抑える為、ということもありますが、このレトロな既存の雰囲気には、このラワンのざらっとしたラフな仕上げが合うのではないかと考えたからです。ラワン合板は、表面の触り心地がさらっとしていて、(その値段を考えれば)意外に脚触りが良い材料でもあります。

また現在は家具も無く、がらんとしていて床がよく見えますが、住み始めればテーブルやベッドを置くことになり、案外床は隠れてしまう箇所でもあります。隠れてしまう場所に限られた工事予算を裂くのは勿体ないな、という考えもありました。ただの合板かもしれませんが、貼り方次第では写真のように、落ち着いた雰囲気を作ることが可能となります。

ラワン合板床貼
ラワン合板床貼
ラワン合板床貼

「立川の3世帯住宅」仕上材の選び方

「立川の3世帯住宅」内装仕上げ材の選定を行なっています。「えっ?仕上材って設計の時点で決まっているんじゃないの?」と、お思いになるかもしれませんが、仕上げに使う材料自体は設計図面で指定してあるものの、その色やテクスチャー(柄)は、(私の事務所では)現場確認してから最終決定するようにしています。

実際に建ち上がってきた空間が、イメージしていたよりも暗い、または、明るい。思っていたよりも開放感を感じたり、または、閉鎖感を感じたり。また、他の仕上材の影響を受けることで、空間の感じ方が変化したりと。イメージしていた空間と現実の空間には、多少なりともブレが生じます。そのブレを調整する為、最終的な仕上材の決定を現場まで持ち越すようにしているのです。

空間がイメージよりも暗ければ、明るく反射率の高い仕上材を選ぶ、少し圧迫感を感じるようであれば柄が細かく平坦なものを、広がりのある空間であれば大柄テクスチャーで落ち着いたトーンのモノを、といったように。料理に例えれば、基本は設計図をいうレシピ通りにつくるものの、最終的な味の調整は、その素材の鮮度やその日の気温や気候、自分の体調などにより、少しアレンジを加えるように。

仕上材の選び方 仕上材の選び方

「立川の3世帯住宅」床フローリング材の選び方

皆さんは床フローリング材を選ぶ際、何を基準に選んでいるでしょうか。色目だったり、節の有る無しだったり、値段だったりと、選ぶ基準は人それぞれだと思います。ただフローリング材と一言で言っても、種類は無数にあります。普通の人であれば、どれを選んでも良いと言われても、迷ってしまうだけでしょう。

「立川の3世帯住宅」では、フローリングの選定基準は、木の硬さと足触りでした。(お住まいになる方の好みを盛り込んでいるということは当然です。)リビングなどのお客さんの入るようなパブリックな場所には、しっかりした踏み心地の硬めのフローリングを。寝室や個室などのプライベートな場所には、足触りの温かい柔らかめのフローリング材を選びました。

日本人は脚裏の感覚が鋭いと言われています。床材の質感が変化することで、気持ちが引き締まったり、リラックスしたり。視覚ではなく触覚の変化によって人の心に変化を起こす。そんな風にフローリング材を選んでみるのはいかがでしょう。ただし、表面にウレタンコーティングを施したフローリング材には、質感の差はありません。これは無垢材での話ですので、ご注意ください。

フローリング材選び方
フローリング材選び方