カテゴリー: 照明

寝室空間の照明デザインのコツ

前回は、ダイニングの照明方法について書きましたが、今回は、寝室空間を照明するデザインのコツを書いてみます。

寝室は寝るための空間です。就寝に至るまで過ごす場所として、暗さをどう演出するかがキーワードになります。眠り心地の良さを作り出すことを目標に照明計画を行います。

一日に8時間寝ると考えれば、24時間中の1/3を、つまり人は人生の1/3を寝室で過ごします。人によっては寝室が家の中で最も長い時間を過ごす空間かもしれません。心地よく眠れる空間は、暮らしを豊かにしてくれるはずです。

眠りを誘う灯り

キャンドルライト

気持ちをリラックスさせ、心地よく眠りにつくため、寝室の照明には温かみのある電球色(暖色系)を使いましょう。キャンドルライトのような赤味のある灯りは、眠りへと誘う効果があると言われています。

和紙やファブリックを使った照明を使うと、柔らかい光を演出できます。眠りの空間には、硬質な灯りより、柔らかな灯りが適しています。光源が直接目に入るような照明はできるだけ避け、可能であれば間接照明を使うのも良いでしょう。

明るすぎるより、ちょっと暗めに照度を抑えた方が、眠りの場には適しています。

明るさの重心を低く

寝室の灯り

寝るための空間ですので、明るさを抑え、落ち着いた雰囲気とするのが第一ですが、可能であれば、明るさの重心を下げる(つまり、光源の取付高さを低くする)と、さらに落ち着きが生まれます。具体的には、ブラケット照明を低めに壁に取り付けたり、フロアライトを床に置いて使うこと。

寝室を明るく照らしたい時には、天井照明を併用して使います。寝る時とそうでない時と、照明を切り替えられる使い勝手の良い照明計画がベターです。

天井照明の位置について

奇特な寝相でない限り、寝る際は仰向けになるはずです。その枕元の真上に天井照明があったらどうでしょうか。そう、眩しくて寝れません。

枕の位置の真上にダウンライトが来ないよう、ベッドを設置する位置を事前に想定しておきましょう。基本は寝た時に足元側に天井照明が来ることです。

スイッチの位置(3路スイッチの採用)

通常であれば、寝室の照明は、寝室に入るドアの近くに設置されているはずです。

寝室に入って照明を点けて、ベッドに入って本でも読んで、さあ寝よう、となった際、手元に消灯スイッチがなければ、ベッドから抜け出しドアの付近まで歩いていってスイッチをオフにしなければなりません。それでは、せっかく眠くなったのに、目が覚めてしまいます。

そんなことにならないよう、枕元でも照明を消せる、3路スイッチを設けます。3路スイッチは、ドア付近と枕元の両方スイッチで、照明をオン・オフできるようにする配線方法です。場合によっては、4路スイッチとして、ベッドの両サイドでオン・オフできるようにすることもできます。

またスイッチの取付け高さも大切です。ベッドから手を伸ばして届く高さに設けること。そうでなければ、一旦、布団から出ることになってしまいます。使い勝手を考え、スイッチを配置することが重要です。

手元灯について

寝室の灯り

寝る直前まで別の部屋にいて、布団に入ったと同時に寝る、そんな方は少ないと思います。通常であれば、布団に入って寝るまでの間、本を読んだり、スマホをいじったり、何かしながら眠くなるまでの時間を楽しむのではないでしょうか。

そんな時に便利なのは、手元灯です。サイドテーブルにちょっと気の利いたデザインの照明器具を置ければ一番良いのですが、なかなかそこまで余裕のあるスペースを設けることが難しい、そんな場合は、壁付けのシンプルなブラケット照明を取りつけるのがおススメです。

手元にスイッチを設け、布団に入ったまま消灯できるようにするのも、忘れずに。

足元灯は必要か

センサーつき足元灯

寝室にセンサーつき足元灯をつけたい、という要望がよくあります。が、最終的には設置しないことが大半です。なぜ取りつけないのでしょうか?

よほど広い寝室なら問題ないのですが、センサーつきだと、寝返りを打つたびにセンサーが反応して、足元灯がついてしまうからです。ちょっと動くたびに、足元灯がぴかぴか点灯してしまい、それが気になって夜中に目が覚めてしまいます。

もしどうしても、足元灯を取りつけるのであれば、枕元のスイッチで点灯・消灯するようにします。ただ、寝室に窓があり、完全な遮光カーテンを取りつけるのでなければ、深夜といえども窓から月明りや外灯が射しこむはずですので、足元灯は必ず必要ではないと考えています。

しかし、寝室からトイレへと至る廊下には、センサーつき足元灯があると便利です。天井照明を点けなくともトイレまでいくことが出来ます。天井照明がまぶしければ、また寝ようと思っても目が冴えてしまうので、足元だけをぼんやりと照らす足元灯はとても重宝します。

以上、基本的な照明デザインのポイントを書いてみました。ぜひとも参考にして、心地よい眠りの空間をデザインしてみてください。

ダイニング空間の照明デザインのコツ

ペンダント照明

季節はすっかり冬。陽が落ちるのがずいぶんと早くなりました。この季節、照明をつけている時間が長くなりますが、今回は、ダイニング空間を照明するコツについて書きます。

住宅くらいの比較的小さな建物では、照明デザイナーに頼らず、設計者自らが照明計画を検討し、照明器具の選定や配置を決めるのですが、ふだん私が気にしている照明デザインのポイントを簡単に説明したいと思います。

照明は、ただ空間を明るくするためだけのものではありません。その灯りで、心地よい時間や豊かな暮らしを作り出すことができます。きちんと考えて配置することで、予想以上の効果を上げることができますので、ぜひ取り入れてみてください。

あえて暗めの空間に

私の家では、ダイニングスペースにダウンライトも、シーリングライトも取り付けず、ペンダント照明のみでライティングしています。一般的な住宅と比べると、照度はかなり暗いかもしれません。が、あえて意図的に暗くしているのです。

人間の目は、明るさを照度で感じるのではなく、明暗の対比で感じています。周りが一様に明るい環境に、どんなに明るい照明を配置しても、明るく見えません。ですが同じ照明を、やや暗めの空間に持ってくると、周りの明るさとの対比で先ほどよりも明るく感じます。そのような対比効果を利用して、空間を印象的に見せることを意識しています。

ダイニング照明

ダイニングテーブルの上だけを効果的に明るくし、その他の周辺部を暗めにする。そうすることで、空間に奥行きが生まれます。明暗のない、のっぺりとした雰囲気になるのを避けるため、空間全体を均一に照らすような照明器具は、あまり採用しません。

照明デザインをする際に気をつけるのは、明るい場所を作ることをイメージするのではなく、暗い場所をどうやって作るかを優先的に考えることです。空間が暗すぎると住まい手からクレームが来るのではないかと、作り手側は、ついつい明るめに計画をしてしまいがちですが、そこは自信をもって暗めに計画を進めることです。(ただ本当に暗すぎて、本が読めないとか、食事ができないというのでは困りますが。)適度な暗さが、落ち着きのある空間を実現するのです。

ペンダント照明の吊り下げ高さ

ペンダント照明吊り下げ高さ

ダイニングテーブル上にペンダント照明を吊り下げる場合は、できる限り低めに取りつけるようにします。光源を低くすることで、テーブルの上面だけが照らされ、他の部分は陰になり、明暗コントラストのある印象的な空間へと変化します。また同時に、明るさの重心が下がることで、部屋全体が落ち着いた雰囲気へと変化していきます。

上の写真は、照明器具の高さをテーブル上、60cmで設置しています。低くすればするほど、テーブル上の照らされるエリアが狭くなり、より印象的な雰囲気になるのですが、あまり低くしすぎると椅子に座った際、照明器具が視界に入ってきてしまうので、そこは注意が必要です。

テーブル上60cmを基本とし、その空間の雰囲気に合わせて数センチ単位で高さを変え、最終的な高さを確定します。たった数センチと思うでしょうが、その数センチの差で、雰囲気がずいぶんと変わります。ぜひ試してみてください。

ダウンライトで照明する場合は

ダイニングテーブル照明

ペンダント照明を吊り下げない場合は、テーブルを置く位置の上に天井ダウンライトを複数、集中的に配置します。(間隔を開けず、集中的にという点が重要です)ダウンライトを複数灯、集中配置することで、テーブル中心付近の明るさが増幅され、周辺部に向かって明るさのグラデーションができ、美しい配光バランスになります。可能なら広角タイプでなく、狭角タイプのダウンライトを選ぶことも効果的です。

もし照明計画時に、テーブルを置く位置が決まっていなかったり、テーブルの大きさが決まっていない場合は、天井に照明ダクトライン(ライン状の照明配線器具のこと。)を設置することで対応します。テーブルの配置が決まってから位置を決めて、照明器具を取り付けることが可能ですし、後で灯数を追加することもできます。そうすることで、自由にテーブルの向きを変えることができるようになります。

多灯使いがおススメ

当然、ダウンライトだけでなく、ペンダントライトやブラケットライトと併用することでより自由度が広がります。複数の照明を取りつける場合、スイッチ一つですべての照明をオン・オフをするのではなく、照明エリアや照明器具ごとにオン・オフできるようにすることが個人的におススメです。

テーブル上だけ明るくしたい時はペンダント照明だけをオン、モニタで映画を見たい時はブラケット照明だけをオン、部屋全体を明るくしたい時は全てをオンと、その時々によって、明るさを使い分けることが可能になります。

電球の種類について

LED電球

電球については、この記事を書いている2021年現在、消費電力を抑えたLED電球が主流となっています(LEDの電力消費量は、白熱電球に比べ1/6と省エネルギーです)。電球と一言でいっても、電球色、昼光色、蛍光色と大きく分けて3種類の色味があります。電球色がオレンジっぽい色の光、蛍光色が青みがかった色の光、昼光色がその中間色です。

私は、温かみのある雰囲気を作りたければ電球色、少しクールな雰囲気を作りたければ昼光色、と使い分けています。各電球メーカーとも少しづつ色味が異なるので、商品に表示されている色温度(K=ケルビンという数値で示されています)を必ずチェックすることが肝心です。3000K付近であれば温かみのある電球色、600K付近ですと青みがかった蛍光色となります。

また、色温度だけでなく、演色性にも気を使いましょう。演色性とは、自然光で見たときと同じような色を再現できるかを数値で表したものです。テーブルの上では、食事をしたり、雑誌を読んだり、手紙を書いたりと、さまざまなことが行われます。テーブルの上にあるものが、美しい色味で見えるよう、演色性の高い電球を選ぶことを心掛けることも大事です。

「花ノ牧の2世帯住宅」黒皮スチール製照明器具

「花ノ牧の2世帯住宅」のダイニングテーブルの上には、黒皮スチールで製作した照明器具が吊り下がっています。トーンを抑えた室内の雰囲気に合った照明器具が、既製品ではなかなか見つからなかったため、特注製作してみました。

黒皮仕上げの艶やかな黒い箱。黒皮鉄板をそのまま溶接して製作しているためか、見た目からもその重厚な雰囲気が感じられます。所々に溶接跡が残る無骨な作りですが、その荒々しさがかえってこの空間に合っているような気がします。薄いアルミで作ったものとは、やはり存在感が違います。

照明器具の上部は箱状に加工してあるため、照明器具の上に様々な小物やグリーンを置くことができるようになっています。こちらのお施主さんは照明の上にグリーンを置いて、空間をアレンジしていました。飾る小物でまた違った雰囲気を作り出すことができそうです。

黒皮スチール照明 黒皮スチール照明 黒皮スチール照明

「矢代田の家」杉板+黒皮鉄板製の手作り照明器具

「矢代田の家」のダイニング照明器具は、大工さんによる手作りです。この空間に馴染む照明器具を照明メーカーで探しましたが、既製品のメーカーではなかなか良いものが見つかりませんでした。それなら、いっそ作ってみてはどうか、と考えて製作図面を描いたのが、こちらの照明器具です。

天井に張った杉板に合わせて、側面には杉板、端部にはポイントとして黒皮スチール板を組み合わせました。シンプルで、ほどよい存在感のある照明器具ができあがりました。杉の柔らかな表情とスチールの硬質な質感。素材のコントラストを強調したデザインです。

落ち着いた雰囲気を作り出すため、照明をやや低めに設置して、明かりの重心を下げています。

100
101
102

矢代田の家 杉板とスチールで作る照明

矢代田の家では今回、照明も木を使って製作してみました。
既製品の中からいろいろと探してみましたが、
シンプルでありながら、格好の良いものが見つからず、
オリジナルでデザインして作ってみることに。
材料は、杉の柾目板と黒皮スチール板。
大工さんが一つ一つ丁寧に加工して組み立てていきます。
果たしてどんなものが出来るのか。楽しみです。

100 101