土地探しの段階から設計相談を受けられます

土地が決まってから設計事務所や工務店に相談するのが通常と思われているかもしれませんが、私の事務所には、具体的な計画地が決まっていなくとも、土地探しの段階から相談に来られる方も多くいます。土地選定の段階で早めに設計相談を受けることで、思い描いている理想の住まいを実現できる可能性が高まります。

以下のように早めに設計相談を受けることで、いくつものメリットが生まれます。土地探しなどで迷っている方は、ぜひともご相談ください。

土地探しの時点で設計相談を受ける

家を建てるために土地を購入しようと思っても自分たちには、どれくらいの広さの土地が必要か、どんな立地条件が望ましいか、など分かっていなければ土地を探すための手がかりが無さすぎて、その土地が良いのか、悪いのか、さえ判断できません。まだ土地が決まっていない段階で早めに設計アドバイスを受けることで、自分にとって必要な土地の広さや、日当たり条件や土地の形状など、具体的なイメージを持てるようになります。

土地が広ければ広いほど良いという考えもありますが、自分が要望する広さ以上の敷地を購入した場合、土地の購入費用自体が高いのは当然のことながら、外構整備費が予想以上に掛かったり、住み始めた後に庭の雑草取りなどに手間がかかったり、ただ広ければ良い訳ではなく、住まう人にとって適切な広さの土地を手に入れることが大切です。

将来的に増築可能性がある、敷地内で家庭菜園をしたい、など将来的に広さが必要であったり、来客が多く駐車台数が必要だったりすれなら、やや広めの土地を購入する必要があります。事前に設計相談をすることで、将来の暮らしのイメージを具体的に家族で話し合う良いきっかけになります。

場合によっては、購入予定の土地に実際に足を運んで現地調査を行います。道路の接道状況はどうなっているか、ガスや水道などのインフラ引き込みはあるか、道路の車の通行量はどのくらいか、隣家との離れはどれくらいか、既存樹木などがあるか、視線の抜ける方向はあるか、風通しや太陽光の差し込みはどうか、などなど現地で確認を行い、望んでいる住環境に適しているかなど、判定することもあります。

土地購入前にプランニングを進める

要望次第では、まだ土地購入が決まっていない時点からヒアリングを行い、ラフプランを作ることもあります。自分がどれくらいの広さの家を求めているか明確になれば、そのプランを手掛かりにし、希望する大きさの建物が納まる広さの土地を逆算して探すことができます。

ただ敷地内に建物が納まるだけでなく、先にヒアリングやプランニングを行うことで、自分がどんな住環境に住みたいのか、どんな暮らしがしたいのか、が明らかになり、おのずと探す土地の条件が見えてきます。条件がはっきりすることで、今まで良いと思っていた土地があまり魅力を感じなくなったり、そんなに良い印象が無かった土地が魅力的に見えてきたり、といったケースもあります。

また、先に大まかなプランニングをしておくことで、土地を購入してから工事着工までの期間を短縮することができます。土地を購入した後は、土地のローン返済が始まりますので、賃貸アパートに住んでいる場合、賃貸料とローン返済の両方を払わなければなりません。土地購入が決まってから設計をスタートしたのでは、工事着工、つまり建物完成までの期間が長く掛かってしまうので、両方を払う期間が長くなってしまいます。数か月でも賃貸料を節約できれば、その分の負担が少なくなります。

予算計画が立てやすい

当然のことながら土地を購入する段階では、そこに建てる建物の建設費は決まっていません。全体予算の中で、土地購入費をいくらにするのか、建物の建設費をいくらにするのか、目安を決めた上で土地の購入に掛ける費用を決める必要があります。全体予算には、土地購入費、建設費だけでなく、設計料、ローン手数料や外構費、駐車場整備費、植栽費用、家具・家電費用など、さまざまな費用を見込んでおく必要があります。

土地と建物本体の費用だけ決め、出たところ勝負で、えいやっと進めると大幅な予算オーバーになる可能性があります。土地購入の段階から相談していただければ、全体予算の中で土地購入に掛けられる費用はいくら位か、算定することができます。

全体予算が決まり、借入金額が分かれば、毎月のローン返済額も決まってきます。無理なく返済できる額で計画を進めることで、暮らしにゆとりが生まれることでしょう。

法的な条件が整理できる

自分が所有するからといって、その土地に何でも自由に建てて良い訳ではありません。建築法令によって、その土地に建てて良い建物の条件は決まっています。思い描いていた建物が法的制約で建てられない、なんてことの無いよう、事前に法令をチェックすることも重要です。場所によっては、店舗や工場を建ててはいけないエリアだったりするので、注意が必要です。

以上のように、土地購入前に設計相談を受けることで、さまざまな利点が生まれます。土地探しからお手伝いしますので、土地購入で迷っている方は、ぜひご相談ください。設計相談を受けるには相談料がかかりますが、大きな建設費に比べれば微々たるものですので。

実際に土地探しの段階から設計検討を進めたケースについて記事を書いていますので、そちらもぜひ参考にしてください。

越後曽根の平屋完成見学会を開催します