年: 2006年

中野のコートハウス 柱頭納まり

中野のコートハウスの屋根梁。勾配のついた梁が柱の上に何本も集中して取り合ってきます。そのまま梁と柱を交差させたのでは、部材同士を切り欠いてしまい、断面欠損が非常に大きくなってしまいます。そこで今回、柱頭に鉄骨で製作した金物を取り付け、そこに梁を差し込むという方法を採用しました。複雑な角度で取り合ってくるため、上手く嵌まるか不安でしたが、現場では問題なく組み上げることができました。仕上がってしまえば隠れてしまう納まりですが、現場ではこのような様々な処理事項が次々と現れてきます。

柱頭金物 柱頭金物 柱頭金物

中野のコートハウス 棟上げ

中野のコートハウス、棟上げ工事が始まりました。前面道路にクレーンを据えて作業開始です。狭い敷地の中、順序良く部材を搬入していかなければ材料で足場が無くなってしまいます。加工図の番号を確認し、順番にクレーンで吊り上げ、組んでいきます。大工さんは梁の上を所狭しと駆け回っていきます。
夕方には屋根梁が組み上がり、無事に上棟しました。工事の後には施主さんの手料理で地鎮祭が行なわれました。手作りの料理でのもてなし。こんなアットホームな地鎮祭もよいですね。明日からまた工事が続いていきますが、最後までよろしくお願いします。

建て方 建て方 建て方 建て方

中野のコートハウス 狭小地での足場組み

中野のコートハウス。基礎コンクリートが打ち終わり、後は建て方を待つだけです。が、その前に建て方をするために必要な足場を立てなければいけません。敷地境界ぎりぎりまで建物を寄せているため、足場を立てられる隙間は30センチ程度。当然、ユニット足場は組めませんので、単管足場をクランプで留め付け、組み上げていきます。
建物が立ちあがる前ですので、今はまだ良いのですが、建物が建った後はスペースが更に狭くなるため足場解体は困難を極めます。とび職人さんには申し訳ないのですが、敷地いっぱい有効に使うにはどこか無理をせざるをいけません。

狭小地足場立て 狭小地足場立て

「中野のコートハウス」柱頭金物の製作図

「中野のコートハウス」の柱頂部では、5本の梁が取り合ってきます。それもさまざまな角度から。木の加工で組めれば良いのですが、さすがに5本の梁ともなると、取り合いは複雑。しかも欠損が大きいと柱の強度も心配です。そこで今回、柱の頂部には、鉄骨のジョイント金物を取付けることにしました。

5本の梁は平面上、さまざまな角度から取り合ってくる上に、更に勾配が全て異なっています。金物の製作図は、かなり複雑。図面上での寸法と角度は合っているけれど、2次元の図面からは、出来上がりをイメージするのが困難。果たして上手く納まるだろうか。後は現場で出たとこ勝負です。

金物製作図 金物製作図

「中野のコートハウス」プレカット図チェック

「中野のコートハウス」現場では基礎工事が着々と進んでいますが、設計サイドは、次の工程へ向けて、プレカット図のチェックを行なっています。プレカット図というのは、柱梁の軸組み加工図のことです。プレ・カットとは、事前に工場で加工するという意味。現代の建築では、大工さんが現場で柱梁を加工することはなく、事前に工場で加工された材が現場へと搬入され、それを現場で組み立てるという流れで行なわれています。

設計図面には、既に柱梁の組み方が示されているのですが、それを実際に工場で加工するため、加工工場ではプレカット図というものを作図します。機械での加工を想定して作図されるため、設計図面通りにいかない部分も出てきます。再度、構造耐力や納まりなどを考慮しながら、プレカット図に赤ペンチェックを入れていきます。後で間違いに気がついても既に手遅れ。間違いないように何度も何度も見直していきます。

プレカット図 プレカット図

「柳橋の家」現地調査

「柳橋の家」プロジェクトがスタートします。案をスタディするために、先ずは敷地と周辺状況の確認へいってきました。計画地は台東区柳橋。JRの駅からほど近い、ビルやマンションが密集する都市部に位置します。

計画地には現在、敷地いっぱいに肩を寄せるように2階建ての古い木造家屋が建っていました。3方向とも、敷地ぎりぎりまで迫る隣家に囲われています。右手には、事務所ビル。裏手には、背の高いマンション。唯一開けた前面道路の向かい側にも、事務所ビルが建ち並び、どの方向からも人の視線が気になりそうです。

この敷地でどうすれば、プライバシーを保ちつつ、明るく心地よい住環境を成立させることができるのか。この敷地環境をみる限り、そう簡単ではなさそうです。まずは、この厳しい敷地環境を踏まえつつ、案をスタディしていきたいと思います。

柳橋現地調査
柳橋現地調査
柳橋現地調査

「中野のコートハウス」半地下部分掘削

「中野のコートハウス」地盤の掘削が始まりました。今回の建物は、隣地境界ぎりぎりまで建物を寄せています。そのために斜線制限が厳しくかかり、高さを高くすることができません。高さ制限が厳しい中で2階建て高さを確保するため、1階の床を一部掘り下げて半地下としています。隣地がぎりぎりまで迫っている中の掘り下げ作業。慎重に慎重に、進めていきます。

半地下部分掘削 半地下部分掘削