付加断熱でどれくらい断熱性能が上がるのか

付加断熱施工後
「上越滝寺の店舗併用住宅」では、外壁の断熱性能を上げるため、付加断熱を採用しています。写真の左側外壁が付加断熱施工後、右側外壁は施工前の状態です。(タイベックと印刷してある白いシートの裏側に隠れているため、断熱材自体は写真に写っていません。)右手の横になった材木の間に付加断熱材をはめ込んでいきます。付加断熱材にはグラスウールを採用しているため、断熱材をはめ込み後、断熱材が濡れないよう、直ぐに防湿シートを張り付けていきます。

付加断熱スケッチ

外壁の内部に入れ込む充填断熱材が厚さ105ミリ。それに加えて、付加断熱材が45ミリですので、合わせて断熱材の厚さは150ミリになります。通常の壁内の充填断熱だけの壁と熱貫流率を比べてみると、

  • 充填断熱105ミリのみ → 熱貫流率 0.41 W/m²・K
  • 充填断熱105ミリ+付加断熱45ミリ → 熱貫流率 0.28 W/m²・K

と、大きな違いがでます。付加断熱の方が単純に断熱材の厚みが増していることもありますが、計算結果を見ると、柱などによる熱橋が減ることが有利に働いていることが読み取れます。

熱貫流率とは、外壁を通過する熱量のことで、数値が小さいほど通過する熱の量が小さく、断熱性能が高いことを示します。両者の数値を比べてみると、付加断熱の方が1.4倍、断熱性能が高い。この数字の差の意味を一言で言うなら、冬場なら1時間あたりに内壁の温度が、充填断熱のみなら1.4度下がるのに対し、付加断熱の方は1度下がるということです。室内の温度を一定に保つためには、壁から逃げる熱エネルギー分だけ暖房で供給する必要があるのですが、充填断熱のみの方は暖房エネルギーが1.4倍必要になります。

住宅の場合、全体の表皮面積に対する外壁の比率が高いため、外壁に付加断熱を加える効果は大きいと言えます。ただし、外壁面積が大きいということで、逆に施工面積が多く、建設費が上がってしまうマイナス面もあります。