「ユニベールハウス」玄関を玄関だけで使うなんて勿体ない

「ユニベールハウス」の玄関土間は広めにとって、玄関収納としています。玄関土間を広めにしておけば、ただ単に靴の履き替えをするだけでなく、ちょっとしたアウトドア用品を仕舞ったり、DIY作業したり、自転車の整備をしたりと、さまざまな用途で使うことが可能になります。玄関土間をただ出入りするだけに使うなんて勿体ない、いろんな用途に転用することで暮らしの可能性が大きく広がります。

玄関土間の壁面には可動棚を設け、カウンターには手洗いボウルを置きました。壁面収納を設けたことで、かなり大容量のモノが収納できます。キャンプ好きな人はテントやBBQ用具など、海好きな人は釣り竿やサーフボードなど、思ったよりも収納道具って容量が必要ですよね。可動棚を増やせば、更に収納量を増やすことも可能です。

これだけの棚があれば、かなりの量が納まるのではないでしょうか。今回はコストを抑えるために合板仕上げのままとしましたが、塗装で仕上げることで見せる棚にすることもできます。最近はテレワーク需要も高まっていますので、オフィススペースとして使う、というのも有効かもしれません。今回は6帖ほどのスペースですが、もっと大きく設ければ、ちょっとした店舗スペースとしても使えるかもしれません。


玄関側には自転車を土間へ入れるため、テラスドア設けています。テラスドアには、暗くなりがちな玄関スペースに光を取り込む機能も持たせました。玄関ドア横の壁には、ポスト口を組み込みました。郵便物などは外に出なくとも、ここで受け取る事ができます。ポスト口に投函されたモノは、カウンター上にぽろりと落ちる仕組みとなっています。

小さな住宅だからこそ、スペースを有効活用することは重要です。床面積が小さくとも工夫をすることで、使い勝手を上げ、広く使うことが可能になります。