「燕ぎんなん保育園」基礎施工図チェック

「ぎんなん保育園」改築工事。地盤改良が終わり、現場はひっそりとしたままですが、事務所内での監理業務は、にわかに佳境に入ってきました。

設計者の仕事は、図面を書いたら終わりという訳にはいきません。いったん現場が始まれば、施工者の作成した施工図のチェックから、各職方との各部納まりの打合せ、現況敷地の確認やずれ調整、各書類の提出などなど、一気に忙しくなります。

今日は、施工者から上がってきた基礎施工図一式を実施図面と照らし合わせ、寸法や納まりに間違いが無いか、一つ一つ詳細にチェック。図面寸法一つでも間違えれば、現場でそれを修正するには、大変な労力と時間が掛かってしまいます。手間を惜しまず、丁寧に、確実に。良いものを作り出していくための条件です。

002001

越後曽根の平屋完成見学会を開催します