ミース・ファン・デル・ローエ設計 イリノイ工科大学クラウンホールを訪れて

シカゴ大学を離れ、イリノイ工科大学へ向かう。
バスに乗り、約30分。
キャンパス内は、グリッド軸がきれいに通り、
道路や植栽が規律正しく並んでいる印象。
まるでキャンパスのマスタープランを行ったミースの
秩序感、規律正しさがそのまま反映されているかのようだ。
キャンパス内にはミースが設計した建物が22棟存在している。
その中でも、私が最もミースらしいと感じている建物、クラウンホールへと向かう。

緑の中に黒い建物が現れる。
緑と黒のコントラストが、とても美しい。
都市の中で見るミースの建物とは印象が異なる。
無機質な環境の中にあるよりも、このような豊かな自然の中にある方が
ミースの建物は映えるように思う。

ファンズワース邸と同時期に設計されたということもあり、
空間構成が非常に似ている。
床スラブを地面から持ち上げ、その床を支える柱は内部空間から外へと持ち出し、
室内には柱の全くない、ユニバーサルな(=均質で自由な)空間を実現している。
ファンズワース邸と異なるのは、そのスケールだ。
66m×36mという大空間を、8本の柱と4本の大梁で実現している。
クラウンホールというその名前に相応しく、堂々と佇んでいる。
 ARCHITRAVEL IIT Crown Hall

092 093 099