「蓮野の平屋」外壁色について

「蓮野の平屋」足場が外れ、いよいよ外観が表れてきました。こちらの建物の外壁には、杉板鎧張り(よろいばり)を採用しています。また、杉板には、黒く着色を行い、落ち着いた外観としました。

この建物の並びには、二宮家という風格ある日本家屋が建ち、通りに面して黒塀が設けられていました。その黒塀に敬意を表し、こちら建物の外観も黒く着色しようと考えたのでした。申し合わせたわけではないのですが、隣の住宅も黒い外壁材を採用していて、この一帯は、トーンの揃った街並みを形成しています。

その街に自然と溶け込む色合いや素材を使うことで、おのずと街並みに統一感が生まれる。一個の建物がただ主張するのではなく、既存の街並みに敬意を払い、表情を揃えることの大切さ。

杉板よろい張り
杉板よろい張り

越後曽根の平屋完成見学会を開催します