「燕のコートハウス」ラワン合板天井仕上げ

「燕のコートハウス」打合せのため現場へいってきました。現場では内装仕上げ工事が進行中です。こちらの住宅、天井の仕上げをラワン合板仕上げとしています。

大工さんが天井にラワン合板を一枚一枚、色目を合わせながら貼りつけています。内装仕上げの基本的な原則では、下にいくほど濃い色を、上にいくほど薄い色を使うのが正しいとされています。つまり、床には濃いめの色、壁はそれよりも薄い色、天井はもっと薄い色を使うと。色の重心が下がる程、落ち着いた空間となるからです。

しかし、今回は敢えてその原則には従わず、天井の色を床と同色に着色しようと考えています。(闇雲に原則を無視する訳ではありません。敢えて狙っています。)上下に同色の面が存在する空間。どのような雰囲気の空間になるか、竣工までお楽しみに。

天井ラワン仕上
天井ラワン仕上
天井ラワン仕上

越後曽根の平屋完成見学会を開催します