「柳橋のコンクリートボックス」コンクリ打放し仕上げのポイント

「柳橋のコンクリートボックス」現場では、サッシ取付工事が進行中です。今回は仕上げは、コンクリ打放しですので、コンクリが打ち終わってしまえば、大方の工事は終了しています。サッシを取り付け、設備配管をして、電気配線と照明取付をしてと、残りの工事もあと僅か。

といっても、設備配管をどこに通すか、コンセントやスイッチはどこに設置するか、金物などをどこに取り付けるか、などは、コンクリートを打設する段階で既に決まっていなければいけないので、事前に設計指示を出し、入念に施工打合せをしておく事がコンクリート打放し工事ではとても重要です。

コンクリートを打った後で、このスイッチの位置を変更したい、設備配管の位置を変えたい、などとなれば、コンクリートを一部解体してやり変えたりと、折角仕上げたコンクリ面を台無しにしてしまいかねません。私は設計を始める以前、現場監督をしていたことがあるのですが、何故か打放しコンクリートの現場ばかり担当することになって、工事が始まる前から、随分と詳細な施工図面を何度も書いて検討した事を思い出します。

コンクリート打放し仕上げ コンクリート打放し仕上げ

越後曽根の平屋完成見学会を開催します