カテゴリー: 2007 柳橋のコンクリートボックス

「柳橋のコンクリートボックス」狭小敷地で工事を行うために

「柳橋のコンクリートボックス」いよいよ工事が着工します。

既存家屋は既に解体され、街の中にぽっかり穴があいた様になっていました。敷地に立って上を見上げると、まるで井戸の底から空を見上げているような気分になります。

計画敷地の3方向には、敷地境界線ぎりぎりまで隣地建物が迫っています。このような狭小敷地で工事を進めていくためには、隣家と良好な関係が作られていなければ、工事を進めていくのは困難です。なぜなら足場を立てたり、地面を掘ったりと、隣地の土地を一時的に使わせてもらわなければ、いけない事があるからです。

自分の敷地だけで工事をすることもできるのですが、その場合、境界線までの間にある程度の施工スペースを確保しなければならず、土地価格の高い都市部の敷地では、工事をするためだけに隙間を空けておくのは、予算的にかなり余裕がある方でなければできません。

当然、お隣さんも、建物を解体する際や新築する際には、こちら側の敷地を使う必要がある訳で。お互い様という意識が無ければ、このような密集地で建築工事を行うことはできません。

更地

「柳橋のコンクリートボックス」模型内観

「柳橋のコンクリートボックス」模型の内観です。ワンフロアの床面積が約36㎡(11坪)と、とても小さいので、3層を縦に吹き抜けで繋いでいます。 各階ごとで完全に区画してしまうと、閉鎖感が高く、下階にいくほど暗い空間となってしまいます。縦方向に繋がることで、視覚的にも、感覚的にも、広がりを感じさせようと考えました。

2階リビングは、天井高ある空間とし、天井面には大きなガラストップライト(天窓)を設けています。周囲をコンクリートの壁で囲ってプライバシーを確保した上で、上方へと開いて開放感も同時に実現する、そんなことを考えました。トップライトから室内へ差し込んだ光は、壁に反射し、下階へと柔らかく落ちていきます。

模型内観
模型内観
模型内観

「柳橋のコンクリートボックス」模型作製

「柳橋の家」施主さんとの打合せを重ね、案がだいぶ詰まってきました。今回は、とても小さなシンプルなボックス型の建物としました。

4方向とも背の高い建物に囲われるという敷地環境だったため、できる限りプラパシーを確保しようと、コンクリートの四角い建物としました。構造は鉄筋コンクリート造です。室内の静寂性を確保するために、木造や鉄骨のような軽量な壁ではなく、コンクリートの重厚な壁で、屋外環境から室内を切り離そうと考えたためです。

模型を見ると分かる通り、周辺をぎっちりと隣家建物に囲まれています。道路側に向かって最小限の窓が設けられています。基本的な採光は、屋上のトップライトから行います。唯一開けた上空へと積極的に開放する事で、明るく開放的な室内空間を実現しようと考えています。

模型写真
模型写真
模型写真
模型写真

「柳橋の家」現地調査

「柳橋の家」プロジェクトがスタートします。案をスタディするために、先ずは敷地と周辺状況の確認へいってきました。計画地は台東区柳橋。JRの駅からほど近い、ビルやマンションが密集する都市部に位置します。

計画地には現在、敷地いっぱいに肩を寄せるように2階建ての古い木造家屋が建っていました。3方向とも、敷地ぎりぎりまで迫る隣家に囲われています。右手には、事務所ビル。裏手には、背の高いマンション。唯一開けた前面道路の向かい側にも、事務所ビルが建ち並び、どの方向からも人の視線が気になりそうです。

この敷地でどうすれば、プライバシーを保ちつつ、明るく心地よい住環境を成立させることができるのか。この敷地環境をみる限り、そう簡単ではなさそうです。まずは、この厳しい敷地環境を踏まえつつ、案をスタディしていきたいと思います。

柳橋現地調査
柳橋現地調査
柳橋現地調査