カテゴリー: 2007 燕のコートハウス

「燕のコートハウス」階層状に連続する空間

「燕のコートハウス」間仕切り壁が完成しました。各部屋を繋ぐ開口が少しづつズレて並び、奥へ奥へと部屋が連続していきます。まるで階層がいくつも続いていくような不思議な見え方をしています。少し場所を変えると奥まで見通せたり、また見通せなくなったり、まるで迷路のような空間です。

この後、開口部には引戸が取り付けられる予定です。引戸の開け閉めによって、さらに部屋の繋がり方のバリエーションが増えてきます。繋げてワンルームのように使っても良し、閉めて単独の個室として使っても良し。どんな使い勝手にも対応できるフレキシブルな空間が実現します。

階層 階層 階層

「燕のコートハウス」ラワン合板天井仕上げ

「燕のコートハウス」打合せのため現場へいってきました。現場では内装仕上げ工事が進行中です。こちらの住宅、天井の仕上げをラワン合板仕上げとしています。

大工さんが天井にラワン合板を一枚一枚、色目を合わせながら貼りつけています。内装仕上げの基本的な原則では、下にいくほど濃い色を、上にいくほど薄い色を使うのが正しいとされています。つまり、床には濃いめの色、壁はそれよりも薄い色、天井はもっと薄い色を使うと。色の重心が下がる程、落ち着いた空間となるからです。

しかし、今回は敢えてその原則には従わず、天井の色を床と同色に着色しようと考えています。(闇雲に原則を無視する訳ではありません。敢えて狙っています。)上下に同色の面が存在する空間。どのような雰囲気の空間になるか、竣工までお楽しみに。

天井ラワン仕上
天井ラワン仕上
天井ラワン仕上

「燕のコートハウス」屋根に空いた2つの穴

「燕のコートハウス」屋根工事が終わりました。ゆるい勾配の片流れの大きな屋根が掛かっています。屋根に空いた2カ所の穴。この部分がコート(中庭)となります。外部から見ると内部にコートがあるようには見えません。敢えてその存在を隠しているような作りにしています。

ここまで工事は順調に進んでいます。どのような内部空間が現れてくるか、設計者である私も楽しみにしています。

片流れ屋根 片流れ屋根 片流れ屋根

「燕のコートハウス」外のような中のような空間

「燕のコートハウス」現場打合せへ。屋根工事が完了し、外壁の下地工事が進んでいます。内部にまだ間仕切り壁が設けられていないため、がらーんとした広いワンルーム空間が広がっています。乳白色の外壁防湿シートを通して射し込む柔らかな光が室内を照らしています。外のような、中のような、なんだか不思議な空間が現れていました。

外壁下地工事001 外壁下地工事 外壁下地工事

「燕のコートハウス」反復する屋根垂木

「燕のコートハウス」上棟しました。朝からクレーンで柱梁の組上げをスタートし、夕方には屋根垂木組みまで完成しました。基礎しか無かった場所に、ある日突然、建物がすっくと立ち上がる姿は何度見ても感動します。

今回、大きな屋根スパンを掛けるため、垂木にはせいの大きなツーバイ材、2×12材を採用しました。一定の間隔で反復する垂木材。今回は天井仕上げを行なうので、天井内に隠れてしまいますが、そのまま表しにしておきたいくらいの美しさがありました。

屋根垂木 屋根垂木 屋根垂木

「燕のコートハウス」基礎工事がスタートしました

燕のコートハウス、基礎工事がスタートしました。四角い基礎型が並んでいるのが見えます。この基礎の上にそのまま壁が立ち上がり、さまざまな大きさの部屋が出来ていきます。今回の建物のコンセプトは、部屋と部屋が廊下を介さずに繋がり、ワンルーム空間を作るというもの。果たして、どのような空間が立ち上がってくるのか、今から楽しみです。

基礎配筋2 基礎配筋1

「燕のコートハウス」スタディ、スタディ、スタディ

「燕のコートハウス」基本設計進行中です。施主さんとの打合せを重ね、部屋の並びや広さ、開口部の位置などを少しづつ調整しています。少しの調整で部屋同士の繋がり方や見え方がガラッと変わってしまうため、スタディにスタディを重ね、最良のプランを模索しています。

ここにお住まいになるご家族は、もともとワンルームのアパートに暮らしていました。互いの気配を感じるワンルームの良さを希望しつつも、今後は部屋に籠って過ごす一人の時間も大切にしていきたい。そんな相反する要望を同時に実現するため、廊下を介さず部屋と部屋を開口で直接連続させ、引戸を開けると次々に部屋が繋がっていくプランを採用しました。

使い勝手に合わせて、空間を繋いだり、区切ったり。引戸の開け閉めだけで、空間の使い方が無限に広がります。時には全ての部屋を繋いでワンルームに。時にはひとつひとつ個室として。

スタディ模型 スタディ模型 スタディ模型001

「燕のコートハウス」スタディ模型製作

「燕のコートハウス」現在スタディ模型製作中です。今回の住宅、部屋と同士を開口部で連続させ、引戸を開ければ、全て部屋が繋がりワンルームになるという平面構成を考えています。

少しづつズラして取りつけた開口部からは見る角度によって、あちらの部屋が見えたり見えなかったり。とても不思議な空間体験ができます。平面だけではなかなかこの面白さを伝えにくいので、現在、模型を作製中です。実際にどんな見え方になるか、模型の中を覗いて検証していきます。スタディ途中の模型、内部の写真を撮ってみると、、、予想通り、とても面白い空間が出現していました。

スタディ模型写真 スタディ模型写真 スタディ模型写真