カテゴリー: 日々のこと

J/24 2/21練習

世界選手権まで後、2ヶ月。練習課題を設定し、一つ一つ確実につぶしてゆく。自分たちの弱点を客観的に拾い出し、ミーティングと練習で克服してゆく作業だ。最近やっと効果が出ていた様で、めきめきと船が走り出している気がする。
今日はメンバー5人で練習。北東の風4mから7m、南より大きなウネリがはいる難しい状況。月光、仰秀とスタートラインを設定して、何度も何度もスタート練習を繰り返す。
スタート時のポジション、風の振れ、艇のスピード、ラインまでの距離を意識して練習を行った。大分、良いポジション取りが出来るようになってきた。数艇の練習ではうまくいくようになったが、大フリートの中で同じようなポジション取りができるかが、今後の課題だ。

ナイトシュプール

新潟は昨日までかなりの量の雪が降りました。
一晩あけて今日は薄曇り。先週までの雪不足から一転、一面、冬景色。
昼過ぎまで仕事をするも、この雪を見て、朝からそわそわ。いてもたってもいられず、早々に仕事を切り上げ、おもむろに車に板を積み込んだ。
出掛けた時間が遅いので、ナイターに狙いを定めて、一路、石打丸山ゲレンデへ。車で下道3時間の旅。17時のナイター開始と同時に滑り始め。エッジがシャーッシャーッと気持ちよい音をたてる。夜のバーンは硬く締まっていて、とてもエッジの食いつきが良い。遠くに山麓の町並みや関越道の明かりを見ながら山を駆け下りる、最高の気分だ。

新潟の冬

東京は朝から快晴でぽかぽか、春の陽気。昨夜は明け方近くまでかかって打ち合わせなんとか資料をまとめた。昼過ぎに資料を手にとりバタバタと事務所を出かけ、一路新潟へ。
移動途中、昨夜の疲れが出たのか、車中でぐっすり寝てしまった。。。。新潟駅に到着してみると、一面の雪、雪、雪。季節は冬。気温差15度の世界。すっかり東京の気温にあわせて薄着できてしまった。日本は意外に広いなと改めて感じました。

0215 J24練習

三崎マリンより出航。海上にて月光、スリーボンドと合流し、走り合わせを行う。
北東の風7m〜3m。南より入るうねりはやや大きめ。
リグテンションをオールパーパスに。ジェノアをアップ。
クローズホールドでタックを繰り返す、スピンをアップしてジャイブ。
3艇揃ってひたすら走る。他艇の走らせ方、トリムラインなどを細かくチェックしていく。
昼を過ぎると風が落ち始めた。リグテンションを−1に。
以下、トリムで感じたこと。
風の強さによって、ジブハリヤードのテンションをこまめにチェックすること。
ジェノアのトリムをうねりにあわせて、こまめに調整すること。
ジェノアのツイスト量を風の強弱で意識すること。

春一番

新潟での打ち合わせが終わり、夜行バスへ飛び乗り、東京へと向かう。
早朝、新宿へ到着して、そのまま荷物をとって海へと向かうつもりが、春一番が吹き荒れ、練習中止の連絡。気がつけば、もう春ですね。そういえば、梅の花も満開でした。紅梅白梅の写真を皆さんにも。

新潟へ

打合わせのため、朝から新潟へ移動。新潟へは高速バスで約4時間半の旅だ。関越トンネルを抜けると快晴の青空。スキー場には雪がほとんど見えない。
この季節でコートいらずとは。東京より暑いくらいだ

02/11練習

世界選手権まで後2ヶ月半、いよいよメンバーを固定して本格的に練習を始めました。
今回は中村匠氏をコーチ迎えての練習。北東の風5~8m。東大仰秀と海上で合流し、上下上下と回航練習を何度も繰り返す。スピン回収時にスピンをフライングしつつジャイブを組み合わせるなどの複合的な練習を行った。混戦でかなり有効なアプローチが出来ること、回航バリエーションが増えるのが分かった。
またスタート時のラインに対する距離と時間の関係をすり合わせる練習。70艇近くが一斉にスタートする中から抜け出すためには絶対に身につけなければいけない感覚だと感じた。
今週末の練習に向けて今日の練習の内容をキチンと整理せねば。。。
090211_125700010001.3GPをダウンロード

0211a
0211b
0211c

02/01強風練習

朝から低気圧の影響で北の風が強しとの予報。メンバーと合流し、三崎マリンに到着すると月光が早くも犠装中。暫くしてSOHOもメンバー集合。暫く様子を見るも風が落ちる気配なし。メンバー5人とウェイト不足ながらジブセイルをつけて出航。
予報通り北の風12から15m。セイルを上げクローズで走り始める。途中、月光、仰秀と合流、クローズホールドを合わせる。
強風時にメインセイルを逃がし過ぎると、切り上がるパワーがなく横流れしてしまう。メインを引き込む為に途中からジブをやや逃がしジブパワーダウンし、オーバーパワーになりすぎないように注意する。
佐島沖でスピンアップ。キールを鳴らしてかっとぶも、途中でジャイブ失敗、ブローチング。何度かジャイブを繰り返し練習。ポイントはサーフィングしてアパレントが落ちた瞬間にジャイブをすること。また船ローリングやバランスはスピントリムである程度した方が安定するようだった。
何度かアップダウンを繰り返し、早めに帰港。テンプスハウスでワールドに向けての段取りを打合わせ。今日から2月。後3ヶ月、あっという間だ。
やることはまだまだ多いと改めて実感。。。
001三崎マリンにて風待ち
002海上にてチーム月光と合流
003練習中

J/24フリートレース

すっかり夏ですね。夏と言えば、海の季節です。
先週末は土日と三崎沖で、J24にて練習+レースでした。
土曜は、ノースセイル中村氏を迎えセイリング練習。
練習に出ていたSOHOチームと合流し、クローズホールドの走り合わせ。
2艇並んで、ひたすらクローズホールドを走る。
南からの微風の中、スピードを意識して走る。
南からのうねりが多少残る中、艇速を意識し、
細かくヘッドアップ、ヘッドダウンを繰り返しつつ走る。
スピードを維持し続けるよう、波、うねり、風の強弱に合わせ、
こまめにこまめに舵を切る。
艇が失速する前にスピードをつけにいき、
スピードアップしたら(パワーを感じたら)角度をつけにいくイメージ。
ヘッドアップしてダウン、ダウンしてアップ。
ほんの少しの角度を変えることで上り角度とセイルパワーを交互にキープする。
基本的なことだが、なかなかこれが難しい。
スピードアップすると、アパレンとは上側へ向き、より上れる様になる。
あくまでスピードをキープ。スピードでパワーをつけて、ついたパワーで上へと上のぼること。
城ヶ島沖まで走ってスピンアップ。
スピンランでも同様、ヘッドアップし艇速をつけて、パワーを感じたら、
下へ向け、落とし角度を取る。
スピンへ掛かるパワーが落ち始める前に、ヘッドアップ。
ここでも、風の強弱、スピードに合わせ、ヘッドアップ、ヘッドダウンを繰り返す。
パワーを感じたら、ヘッドダウンし、落とし角度に変換していくイメージ。
スピードをゲインすると、アパレントウィンドが前に回るので、
その前に回った風を使ってヘッドダウンをする。
艇速が落ち始めると、アパレントが前に回るので、艇速ダウンする前に、
ヘッドアップして、艇速をキープすること。
一日練習した後は、合宿所にもどってミーティング。
お酒が入りながらも、真剣にコースやセイリングのついて話し合った。
日曜フリートレース3本。
土曜の成果は出るか?
1、2レースとも、上り下りとも艇速無く、成績ふるわず。
上りでのメインの引き込み不足、下りでのメインの出し不足を反省しつつ、
3レース目スタート。
上り角度、スピードとも見違える様にすこぶる良い。
すんなり、上マークトップ。
下レグでSIESTAに追いつかれる。
他艇との駆け引きについては、今後の課題。
まあまあ、次に繋がる感触はあった。次回の練習に期待。
まだまだ課題は多いが。。。。

ブログはじめました

2006年4月15日
はじめました、ブログ。少しづつですが、日々思っていることを言葉にしていこうかと思います。果たして、更新が続いてゆくのか。。。