カテゴリー: 家具製作

岩室の家 扉面材の樹種選定

家具の扉面材の材木を選定するため材木屋さんへ。今回、工事を施工する新発田屋さんは、無垢材のスペシャリスト。倉庫中には所狭しと様々な木材が並んでいます。使う場所毎に一枚一枚、木を選び、並べ替え、向きを替え、木目や色目を合わせ、全体バランスを見ながら選定していきます。半日掛け、やっとこれだ!という並びにたどり着きました。今回は敢えて銀杏(いちょう)や杉など樹種や木目を混ぜてランダムな並びで遊んでみることに。木というのはちょっと向きを変えただけで、表情を変えてしまいます。まして様々な木の組み合わせとなると、とてつもない組み合せのヴァリエーションが発生し、無限の可能性が生まれてきます。これが木の面白さでもあり、奥深さなのでしょうね。出来上がりが楽しみです。

扉面材 扉面材

岩室の家 製作家具打合せ

新潟県の加茂という地域は昔から桐箪笥の生産地で有名なところ。製作発注していた家具の組み立てに既に取りかかっていると電話連絡をもらい、加茂市にある家具屋さん「木工舎」へ。代表の中林さんと加工場で打ち合わせ。家具のトップの無垢の板材の向きを何度も変え、こっちかな、あっちかな、と置いては眺め、眺めては直し、据わりの良い位置を探っていきます。無垢の材は、ちょっと位置や向きを変えただけで、見た目の印象が随分と変わってくるので、家具が置かれる空間の雰囲気に合わせ、優しい表情にするのか、硬質な表情にするのかなど、ちょっとした調整が必要になります。この作業を行なうことで、家具が置かれた時に、違和感無く、その空間に自然と馴染ませることができます。既製品の家具にはない、一品生産の良さがここにあります。

製作家具 製作家具

岩室の家 無垢材選び

岩室の家で使う無垢材を選ぶため、工務店の新発田屋さんへ。新発田屋さんは無垢材を専門に取り扱う「SOLID(ソリッド)」という部門を持っている工務店です。倉庫内を歩き回り、いくつも積上げてある無垢板の中から、これだ!という材を選び出していきます。既製品の板ではないので、曲がりがあったり、長さや巾の寸法が様々だったり、木目や節があったりと、無垢板は多種多様。ちょっと長さが足りなかったり、曲がりが強くで納まらなかったりと、使う場所に丁度合う板を見つけるのはひと苦労。空間のイメージにぴったり合う材料が見つかれば幸運です。
今回は、床の間の落とし掛けには欅(ケヤキ)板、同じくカウンタートップにも欅(ケヤキ)を採用することにしました。さあ、どんな感じに仕上がるでしょう。現場に取り付くのが楽しみです。

無垢材 無垢材

岩室の家 スチール黒皮仕上げの手すり

鉄工所へお願いしていた手すりの製作確認へ。今回手すりに使うのはスチールフラットバー。製鉄した際、鉄の表面にできる黒皮という黒っぽい鉄の表面をそのまま塗装なしで仕上げとています。鉄は鉄らしく、塗装を行なわず無垢のまま使います。素材をそのまま見せること。無骨な鉄の手すりと繊細なヒノキ階段との取り合わせ。果たしてどのような雰囲気になるのか。楽しみです。

スチール黒皮手すり スチール黒皮手すり

岩室の家 大型木製建具製作

木製建具の製作をお願いしている小須戸の建具屋さんで納まりなどを打合わせ。工場の中では、岩室の家で使う間口1間の木製建具を製作中。幅1間の建具というのは、間近に見ると結構な大きさです。材料の木目や癖を見ながら使う場所を選びながら組み立てを行なっていくということでした。工場中は、所狭しと様々な加工道具が並んでいます。鉋一つとっても、大きなものから小さなものまで何種類も壁に整然と並んでいます。

木製建具製作 木製建具製作 木製建具製作

「岩室の家」木製建具の取手ハンドル製作

洗面陶器の次は、金物制作工場へと移動。メーカーの既製品の取っ手(ハンドル)には、なかなかしっかりしたモノがなく、大型の木製建具に取り付けると建具の重さで、すぐにぐにゃりと曲がってしまう様なものしか見つかりませんでした。かといって、強度だけを求めてやたらと大きなハンドルを取付ければ、ガラス面で構成した大開口に対して取手ハンドルだけが目立ってしまいます。

そこで、建具取手ハンドルを地元燕の金物工場で制作してもらうことにしました。製作図面を描き、直接加工工場に出向いて、その場で製作をしてもらいました。加工工場の中は、様々な製作機械が所狭しと並び、もの作りをしているオーラがぷんぷんと漂っています。今回製作したのはステンレスの板にステンレスの棒を溶接しただけのシンプルな形状の取っ手。既製品の取手に比べて、質実剛健、無骨な雰囲気に出来上がりました。

持ち手の部分に、ステンレスのパイプでなく、無垢のステンレス棒を使ったことで、見た目の繊細さとは異なる、掴んだ時のずっしり感を持たせることができました。この細い取っ手なら、建具のガラス面に取り付いていても目立つこと無く、自然と馴染んで見えるでしょう。取り付け後の姿がどうなるか楽しみです。

susハンドル製作
susハンドル製作
susハンドル製作

岩室の家 樹種選び

材木屋さんと現在工事中の住宅の床の間に使う材木について打ち合わせ。一言で木の種類といっても、場所によって木目がしっかり出ていたり、出ていなかったり、赤みがあったり、節があったり、実物を見なければイメージが湧いてきません。そこで材木屋さんの倉庫の中を歩き回り、実物を見せてもらいました。樹種ごとに色目、木目、柔らかさ、硬さなど、実に様々な表情を持っています。また同じ樹種でも、一枚一枚が全く異なる質感を持っています。縦にしていた板を横にしただけで表情ががらりと変わり、組み合せも含め、ああでもない、こうでもないと、頭を悩ませます。多くの板を倉庫の奥から引っ張り出してきてもらい、悩みに悩んで、使う箇所ごとに樹種を選び出しました。今回選んだ樹種は、セン、スギ、ケヤキ。さてどんな出来上がりになるでしょうか。乞うご期待。

カウンター材選び カウンター材選び002