鵠沼の家

光の変化を楽しむ家

 湘南に建つ4階建ての住宅です。計画地の地盤面は、道路から約3m上がったレベル差のある敷地でした。道路に面する1階部分は必然的に、地下に埋まるような格好になります。採光の確保できない1階(半地下)にエントランスと玄関、駐車場を配置し、採光が可能な2階から上階に住居部分を配置する断面構成としました。半地下部分は鉄筋コンクリート造、上部3階には木造のSE構法を採用し、4階建てを実現しています。

 道路に面する1階正面のコンクリート外壁には、焼き杉板型枠を使用し、表面に凹凸をつけ、湘南の強い日差しが壁面に当たることで複雑な陰影が生まれるよう意図しました。半地下のほの暗いエントランスを通り抜け、階段を上がって地上階に出ると、先ほどまでの暗い閉鎖的な空間から一転、明るく開放的なリビングへと繋がります。暗所から明所へ、閉鎖的なスペースから開放的なスペースへ、狭いスペースから広いスペースへ、空間の質が急激に変わるため、その変化をよりいっそう大きく感じるはずです。

 道路より1フロア分上がった敷地地盤レベルにはコートテラスを設けました。コートテラスを取り囲むようにリビングとダイニングをL型に配置されています。室内と屋外コートテラスの床仕上げは両方とも足触りの良いタイル貼りとし、内外空間が一体化するよう心がけました。意図した通り、子供たちは内、外構わず、ぐるぐると裸足で駆け回っています。コートテラスは塀と植栽で囲われ、外から中が覗けないプライベートな中庭としています。良く晴れた日には、外でBBQをしたり、プール遊びをしたりと、室内の延長として様々な使い方が可能です。

 湘南独特の硬質な太陽の光が各所で室内にへ差し込んできます。室内のさまざまな場所に明/暗のコントラストをつけることで、暗い空間から明るい空間へ、また、明るい空間から暗い空間へと、移動するたびに明るさが変化する空間をつくろうと意識しました。明暗の変化と同時に、空間の広さや天井高さ、仕上げ材にも変化をつけることで、均一ではない多様な場が実現しています。

規模と構造

用途 住宅
住所 神奈川県藤沢市
敷地面積 178.00㎡(53.84坪)
建築面積 68.73㎡(20.79坪)
延床面積 263.95㎡(79.84坪)
構造 木造(SE構法)3階建て+地下RC1階
竣工 2010年2月
坪単価 80万/坪
設計料 450万

ブログ記事

2010 鵠沼の家 記事一覧


最新事例

スタディ模型外観

粟生津の平屋(現在建設中) (2023年)

大きな切妻屋根を持つ平屋

上越滝寺の店舗併用住宅外観

上越滝寺の店舗併用住宅 (2021年)

店舗を併設した高気密高断熱の住宅